家づくりの取り組み

6.空調性能について

全館空調で温度差のない健康な暮らし

足元が冷たく、居室間の温度差が大きくなりがちな局所暖房。頭が熱く足が寒いという不快な環境になりがちです。

 

そんな不快な環境を改善するために、全館空調で温度差の少ない(温度のバリアフリー)住まいを手がけるべきです。大きな機械をいれるのは簡単ですが、費用がかさみます。そこで普通のエアコンを、床下に設置し床下の空気を温め、足元から家全体を均一に温め全館空調を行い、居室間の温度差を無くす「床下暖房エアコン」を採用します。

 

イニシャルコストとランニングコストのバランスの取れた省エネ暖房方式です。温度差のない住まいでは、高血圧やアレルギー性鼻炎等、さまざまな体調不良が改善されるというデータが出てきています。温度差を無くして、健康で快適な住まいを。