家づくりの取り組み

2.窓を活かす提案

外の景色を心地良く取り入れる(借景)

室内には限りがあるので外部のよい景色を積極的に室内に取り入れることが大事だと思います。開口部(窓)を設けるときに、まず遠くの景色が見えるところに開口部を設けるようにしています。遠くが見える、抜けているところをねらう。また、よい景色、緑が望めるところに開口部を設けます。そうでなければ我慢して壁として残す。それが心地いい内部の空間を創り出すことに繋がります。