スタッフブログ

現場の様子や日々の様子など、スタッフの日常のことをお届けします。

ウールラグの魅力

投稿日 : 2019年01月18日 (金)
カテゴリー : 日々の記録

今年は暖冬といわれていますが、やはり足元がどうしても冷えるなあと感じます。ベッドサイドや、ソファの下にラグを敷いておくとインテリアのアクセントにもなりますし、この時期は特に快適に感じられますよね。カーペット選び、何を重視されますか?

色、形、大きさ、素材、デザイン、価格…色んな条件から好みのものを探されると思います。

私自身もローテーブルの下に敷きたくて、3年程前に購入したのですがその際は、デザインと価格の部分で選び、アクリルのものを購入しました。しかし使っていくうちに、色あせや汚れ、へたりがなんとなく気になってきました。高いものを買ったわけではなかったのでそれ相応なのですが、次購入するなら長く良いコンディションで使える、お気に入りのものがほしいなと思い、素材について色々調べてみました。

すると今回調べてみて、素材それぞれで機能性に大きく違いがあること、特にウールのカーペットで得られるメリットがとっても興味深かったので、ご紹介させてください。

1.お部屋の空気がクリーンに!

カーペットって、何となく清潔感に欠けて、ホコリっぽい印象を持たれがちではないでしょうか?私自身もそういうイメージを持っていたのですが、実はカーペットのある生活はフローリングよりも空気を清潔に保ってくれるんです。歩行した際のハウスダストの舞い上がり量を比較した実験では、フローリングはカーペットの10倍~20倍の量のハウスダストが舞い上がったそうです。これが数時間かけて舞い落ちてくると考えるとゾッとしますよね…!しかも嫌なことに最もハウスダストが多いのが床上30cmだそうです。小さなお子さんがいるご家庭では何か対策が必要だと思えてきます。

2.汚れにくく、美しさが長持ち

ウールはご存知の通り羊毛です。羊毛にはもともと撥水効果があり、もしも醤油やソースなどをこぼしてしまったとしても、汚れをしみ込ませず、はじいてくれる効果があります。また、万一シミになってしまったとしても心配いりません。羊毛を撚り合わせて糸に仕立てているので、使っていると毛玉のような毛が出てきます。これを「遊び毛」というそうですが、「遊び毛」が美しさ長持ちのポイントです。表面の毛が抜けていくことで徐々に綺麗になっていきます。掃除機をかけるとカンナのような役割を果たし、表面をうすく削り、美しさを維持してくれるんだそうです。また、繊維自体に復元力があるので、ソファやテーブルの脚跡なども、アイロンなどのスチームを当てることでふっくら元通りになります。

3.1年中心地よい

ウールカーペットは保温性が高く、冬は足元をぽかぽか快適にしてくれます。このイメージがある方は多いと思うのですが、ウールが快適なのは冬だけではないんです!調湿性があり、湿気を吸収して徐々に放出する機能を持っている為、梅雨時期もさらっとした感触で快適に過ごせます。

4.小さな子供・お年寄りにもやさしい

ウール特有の弾力性と衝撃吸収力は、クッション効果があり、摩擦力もあるので滑りにくく転んでも痛くありません。お年寄りが家の中で滑って転んでしまうという家庭内事故が増えつつあり、お部屋の1室をカーペット敷にするやり方も注目を集めています。(モデルハウス諫早の家でもご体感頂けます)1室まるまるカーペット敷にするのは少しハードルが高く感じますが、ウールのラグをしいての生活は特に小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭の生活にもフィットすると思います。

値段が高くて、手入れが大変そう・・・そんなマイナスなイメージを持たれている方もいらっしゃるんじゃないかなぁと思うのですが、いかがでしょうか?私自身、意外にも耐久性があり、お部屋もカーペット自体も清潔に使えると知って羊毛の万能性にびっくりしました。これから新生活の時期にもさしかかりますので、ラグの買い替えをご検討中の方の選択肢が広がれば幸いです。FM STOREでも堀田カーペットさんのウールのラグをお取り扱いしております。ぜひお気軽にお試しください。

FM STOREのonlone shopでもお取り扱い中です。ご不明点などがございましたら、お気軽にお問合せください^^

 

 

この頃の投稿