普賢岳を眺め、みどりを愉しむ家

普賢岳を眺め、みどりを愉しむ住まいが完成いたしました。たたみコーナーからは、普賢岳を眺めることができ、敷地の前には田園風景が広がります。中庭をいくつか配置し、どこからでも植栽を愉しめます。また、建物を敷地に対して少し斜めに配置し、景色と光を取り組む工夫をしています。木材を多く取り入れた、優しい雰囲気のスタイルです。

たたみリビングの窓からは中庭を介して、普賢岳を望むことができます。

窓を天井まで上げ、あえて腰壁をつくることで、椅子のように腰かけたり、グラスを置いたりと色んな使い方ができます。

スタディスペースの前にも植栽を愉しめるように、大きな窓を配置しています。ほっと一息つけそうです。