暮らしの手帖

フルマークハウスからの新たなお知らせや、日々の暮しにまつわる情報を綴っていきます。
これからの暮らし方のヒントや、すまいづくりに役立つ情報をお届けします。

高断熱、エコ住宅を長崎で

投稿日 : 2017年10月11日 (水)
カテゴリー : 現場の風景

高断熱がエコ住宅をつくる。そんな断熱のお話は、インターネットで調べると本当にたくさん出てきます。平成25年(2013年)省エネルギー基準が施工され、平成32年(2020年)には義務化されます。現在が平成29年(2017年)ですので、あと3年後には義務化します。

「断熱のいい住まいをしっかり建ててくださいね。」ということです。まだまだ業者さんの中でも知らない方、知ってるけど難しいので先延ばしにされてる方などもいらっしゃいます。気をつけてくださいね。

断熱のいい住まいをしっかり建てると、光熱費を抑えることが可能なんです。賃貸住宅等の断熱性能が高くない住宅に比べると半分くらいにもなります。一戸建てに住んで光熱費が抑えられるなんて夢のようなお話。でも本当のお話し。

上の2枚の写真は、サーモカメラで工事中の建物を撮った写真です。屋根の断熱は完了し、壁はまだの状態です。

屋根の断熱工事は完了していますので、天井部分は熱が伝わってないのが見て取れます。しかし、軒先は断熱していませんので、陽に焼け真っ赤になっています。断熱工事でこんなに温度が変わってくるのです。外の足場なんかも、金属ですのですごく熱を持っています。

断熱をしっかりしていないと、室内にこれほどまで熱が伝わってくるのです。エアコンでいくら冷やしたって無駄そうですね、、光熱費もばかになりません。ここまで断熱をしっかりすると、熱が伝わってきませんので、光熱費が抑えられるっていうことがわかると思います。

そのくらい大切なことなのです。ちなみに、こちらの諫早の木の家の断熱性能はハウスメーカーよりもはるかに性能がよく、北海道でも問題ないほどの性能を発揮します。

 

食事中のわが子をサーモカメラで撮影してみると真っ赤でした、、

 

 

 

この頃の投稿