暮らしの手帖

フルマークハウスからの新たなお知らせや、日々の暮しにまつわる情報を綴っていきます。
これからの暮らし方のヒントや、すまいづくりに役立つ情報をお届けします。

諫早の家 無事上棟しました

投稿日 : 2017年08月12日 (土)
カテゴリー : 現場の風景

8月9日「長崎 諫早の家」がようやく上棟しました。長崎の家というだけあって、8月9日は長崎では思い入れが深い日です。72年前の11時2分に長崎に原子爆弾が投下されました。忘れることがないようにと。

天気もまずまずで、いい日を迎えることができました。

 

 

玄関に入ると広がる景色。階段は軽やかに鉄骨でおさめています。

 

 

長崎 諫早の家「通称 こびとの家」というくらい高さが抑えられています。左のプロバンス風の赤屋根は2階建て、その隣は平屋。少しだけ坂になってますが、高低差は1mほどでしょうか。それでもどれもほぼ同じ高さになっています。

建築家の伊礼智さんは、天井を低く、窓を少なく、天井に照明を付けない。そうすることで、建築は美しくなる。とおっしゃられます。また、あたらしい本では、家づくりは家庭料理と同じだと。

 

 

ダイニングからの景色です。2階リビングで、のんびりと景色を独り占めします。緑と山の稜線が美しいです。

年末の完成を目指して進めていきます。

 

 

この頃の投稿