暮らしの手帖

フルマークハウスからの新たなお知らせや、日々の暮しにまつわる情報を綴っていきます。
これからの暮らし方のヒントや、すまいづくりに役立つ情報をお届けします。

安藤忠雄を訪ねるのも兼ねての研修

投稿日 : 2017年06月01日 (木)
カテゴリー : 日々の記録

少し前になりますが、大阪でKKBの勉強会に参加してきました。今回も全国より20数社集まり、本気の勉強会。私が一番年下で、年上の先輩方の中多く学ばせて頂きました。

静岡の木の家をつくる工務店「扇建築工房」の鈴木社長の進行のもと、各社色んな意見や知恵、アイディアを出し合い、すごくいい勉強と刺激を受けました。

まだまだ学ぶことも多いですが、しっかり学び、今後の住まいづくりに活かしていかなければいけません。

大阪に行くのは、ほぼ始めてでしたので、少しだけ建築探訪。コンクリート建築家、安藤忠雄の「光の教会」を訪れる予定にしていましたが、まさかの予約制。気づいたときには、時既に遅し。トップ写真の「住吉の長屋」を覗き、「司馬遼太郎記念館」を訪れました。

「住吉の長屋」は、学生時代の課題で、模型を作りました。当時は全くピンッときてませんでしたが、今になるといい勉強でした。中に入りたかった、、

そして司馬遼太郎は晩年、この自宅の書斎より、木々を眺めながら執筆していたそう。新緑も満開で、涼しげないい雰囲気でした。植栽はやっぱり大事ですね。

大阪駅前も開発中で、そこかしこに新しい建物、道路が工事中でした。クロスウェーブ梅田(設計:大江匡)、スカイタワー梅田(設計:原広司)など、、また訪れます。

この頃の投稿