島原の美しい海で育った工務店です。

わたしたちの家づくり

長崎県、島原市、有明。<br />
雲仙普賢岳を中心に大自然広がる島原半島、<br />
美しい有明海に面した小さなこの町で、<br />
1977年に、わたしたちは創業しました。<br />
創業以来、多くのお客様の家づくりに、<br />
丁寧に向き合い、携わってきました。<br />
ひとつひとつの経験を重ねることで、<br />
技術や知恵をじっくりと育んできました。<br />
良いものを残し、新しいものを取り入れ、<br />
これまでの経験を活かしながら、<br />
現在のフルマークハウスは歩んでいます。 長崎県、島原市、有明。<br />
雲仙普賢岳を中心に大自然広がる島原半島、<br />
美しい有明海に面した小さなこの町で、<br />
1977年に、わたしたちは創業しました。<br />
創業以来、多くのお客様の家づくりに、<br />
丁寧に向き合い、携わってきました。<br />
ひとつひとつの経験を重ねることで、<br />
技術や知恵をじっくりと育んできました。<br />
良いものを残し、新しいものを取り入れ、<br />
これまでの経験を活かしながら、<br />
現在のフルマークハウスは歩んでいます。

家づくりのコンセプト

フルマークハウスが、家づくりにおいて大切にしていることを3つの視点からご紹介します。
以下のことを大切にしながら、家を建てるという大きな出来事と、つくり手の立場から向き合ってきます。

家づくりは、間取りや広さはどうか? 性能がどのレベルか?など、部屋の要素、素材、性能、設備等で語られることが多くありますが、それらを考えることは基本のことであり、家づくりはそれだけではないと考えます。私たちは、その家族にあった「心地いい住まい」とは? を、いつも考えます。どんな暮らしをそこで育むのか、そのことを大事にしていきます。

居住空間には、そこに住まう家族の距離感を決める力がはたらきます。そして、その距離感が家族の日々のコミュニケーションにも関わってきます。毎日住まう家だからこそ、家族の愛情を育む心地よい距離感をデザインすることが大事になります。家の中に色々な心地いいと思える居場所をつくり、それらのつながり方や距離感をデザインして、家族のよりよいコミニュケーションを育む場づくりをしていきます。

家族にとっていつも温かい場所であること。毎日帰る家族にも、久しぶりに戻ってきた家族にも、いつもと同じやさしい表情で迎えてくれる「耐久性」のある家づくり。次の世代に残せる価値が生まれる「耐用性」のある家づくりを目指します。
また、家族にも環境にも優しい場所であること。日々の暮らしを充実させ、同時に新しいエネルギーを生むことが出来る家。明るい未来のために、永く住み継げる家を目指します。